家臣

家臣特別訓練と家臣多彩入魂石の換券率

投稿日:2020年4月23日 更新日:

家臣キャンペーンは終わりましたが、備忘録的に記載しておきます(^^)/

家臣特別訓練券

家臣特別訓練券は、取引不可属性のアイテムとなります。家臣に対して最終的に80回の訓練をすることができる券となっており、忘却の魔境を周回することにより貯まる「思念の欠片」ポイントによって、交換可能となっています(^^)/

家臣多彩入魂石

家臣多彩入魂石は、家臣特別訓練券と同じく、「思念の欠片」ポイントで交換可能なアイテムとなっており、家臣の装備に入魂という形で付与を行えるアイテムです(^^)/こちらは取引可能属性のアイテムです。

現状、家臣には「装備下賜」による強化となるため、本来の家臣武器へ入魂するという行為は、意味をなさなくなっています。

それなら家臣特別訓練券と交換しちゃいなよ!

この家臣多彩入魂石が取引可能であるため、市で売買できます。

そのため、この家臣多彩入魂石は、「思念の欠片」ポイントへ戻すことができるので、市で購入した家臣多彩入魂石を忘却の魔境で「思念の欠片」ポイントに戻すことで、家臣特別訓練券と交換可能になります(^^)/

すべては、この「筆頭御付巫女」ちゃんがよろしくやってくれます。

特別訓練券は《思念の欠片・八》のレートだと70個と交換できます。

思念の欠片壱~八でレートが違う

前述のように《思念の欠片・八》70個で特別訓練券は交換できますが、《思念の欠片・壱》の場合650個で特別訓練券と交換できます。

・・・というように壱~八でレートが異なります。

んだば、どうすればいいの?

以下の表をご覧ください。

ランキング欄のところを見てもらうとわかりますが、高換券率(高換金率)としては、

1位 思念の欠片・八

2位 思念の欠片・壱

3位 思念の欠片・七

・・・

というようになっています。(思念の欠片・四なんて、1/2以下の換券率(換金率)になってしまうので…注意( ゚Д゚))

ということで、

手順としては、

①市で家臣多彩入魂石を購入する。

②「筆頭御付巫女」ちゃんに話しかけてメニューから「入魂材を欠片に交換」を選択する。

③「思念の欠片・八」を選択する。

④「筆頭御付巫女」ちゃんから思念の欠片・八を9個にするんだけどいい?と聞かれるので、「はい」。

(家臣多彩入魂石の必要個数を「筆頭御付巫女」ちゃんに渡して、思念の欠片・八のポイントをいっぱいにする。元がゼロポイントなら、623個の家臣多彩入魂石を渡すと、80個分の特別訓練券がもらえるポイントになる)

⑤「筆頭御付巫女」ちゃんから思念の欠片・八の配下にある「その他」から特別訓練券を選び、必要個数を入手する。

それでは、また家臣を強化するときにでもご覧ください(^^)/

読んでいただき、ありがとうございました。
もし今回の記事を気に入っていただければ、クリックをお願いいたします。
励みになります(^^)/。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村







-家臣

関連記事

鎧家臣の熟達1マスあたりのその伸びしろは?

皆さんの主従の絆の家臣は、どんな家臣でしょうか? やはり鎧でしょうか? それとも我が道をいく、その他の特化でしょうか? まずは、家臣熟達と主従の絆の関係でうっかりしていたことをヒヤリハットとして書き残 …

鎧鍛冶家臣の比較検証!

  鎧家臣作成 家臣団キャンペーンに伴い、鎧家臣の再作成を行おうと思いましたが、そもそも簡易作成の鎧鍛冶家臣とガンバって作成した鎧鍛冶家臣の差はどれくらいあるのかということで、それぞれ作成し …

【絆家臣を作る時のご参考】各職業のステータス 伸びって?

  家臣熟達システムが導入され、家臣のステータスが大幅に上がり、更に微調整までできるようになり、主従の絆は生命最優先の流れから鎧鍛冶家臣一択になっているかと思います。そのような流れの中でも、 …

2020.03.18 サーバーアップデート内容の気になる部分!

  ~アップデート情報の一部抜粋~ <機能追加/機能変更> ・戦国格付について能力評価基準の更新を行いました これに伴い、プレイヤーキャラクターの戦国格付けから算出される「家臣熟達」の能力補 …




信長の野望オンラインを時に情熱的に、時に脱力しながら、遊ぶブログです(*’▽’)
<規約>

①『信長の野望Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
②このホームページに掲載している『信長の野望Online』の画像は『信長の野望Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村